「畏れよ、我を」お手伝い(その2)
モルダバイトピアスを手に入れてご機嫌状態だったわけですけど、その夜は腹黒騎士様とKoさんの『畏れよ、我を』のお手伝いが待っていました。

このところ土曜日は裏LSでデュナミス攻略していたりしていたんですけど、事情が事情なので裏LSの方には欠席の連絡をして、『畏れよ、我を』に向けて準備をしていました。

その前にLSリーダーの提案で、軽く皇国軍戦績BC『ローリングバグズ』にも挑戦してみたり。
a0016413_20352732.jpg

黒としてははっちゃけられる楽しいBCだと思います。
サポートする赤さんは大変だと思いますけど。(笑)

まぁ、当たりは出なかったわけですけどね。(ノ∀`)


私達が皇国軍戦績BCに興じている間、Koさんは地道にプロMのイベントを消化していたようで、ちょうどいいタイミングでみんなの準備が整いました。
いよいよ45分ノンストップ3連戦、プロMでも悪評高い『畏れよ、我を』に挑戦です。

私の過去の経験から、戦法を説明していきます。
足りないところはLSメンバーが色々と補足してくれました。

個人的には初挑戦の方が2名ということで、2回全滅したとして42~43分程度でのクリアをとりあえずの目標としていました。
まぁ、時間ギリギリでもなんとかなるだろう、という感じです。
a0016413_20514619.jpg

腹黒騎士様とKoさん、そして今回忍盾の役を買って出たAmさんの緊張感が画面を通してでも伝わってくるようでした。
そして寡黙なシャイルハゲたん(Saさん)も、淡々とした中にも闘志を秘めている感じがしました。
私はとにかく精一杯やることと、大きなミスをしなければ勝てると確信していたので、比較的落ち着いていられたと思います。
(その割に突入前に食事とか忘れてましたけどね。(ノ∀`;))

構成は忍ナ暗狩赤白。火力はある構成だと思います。

最初のマメット戦は忍Amさんの絡まれ釣りからスタート。
ナで参加のSaさんが1匹ずつ引き抜き、腹黒騎士様と私で倒していきます。
変象の転輪?という攻撃するとHPが回復する技のときにも、離れて攻撃中止したり、かなり冷静に対処できました。
ここでは予定通り5分ほどでさっくり撃破。順調です。(^^

続いてオメガ戦。
最初に釣ってくるところでいきなり忍Amさんがバインドされてしまったり、その後範囲攻撃の連発で多少タゲが揺れたり、白Fiさんが女神を使ったりした場面がありましたけど、オメガのHPの半分くらいまではほぼ安定して削りつづけることができました。
気になったのは、スパルタンブレットのスタン発動率がかなり低かったこと、でしょうか…。
うーん。こっそり修正でもされたのかしら。(;´ρ`)
a0016413_20535066.jpg

オメガのHPが半分を切ってから、オメガがかなり暴れるようになり、忍Amさんが倒されたところで一度全滅することに。
っていうか私はスラッグ撃ってから死のうと思っていたんですけど、TPを貯めたまま範囲攻撃で倒されてしまいました。(´Д`;)ヾ
その点、暗黒ギロをきっちり決めてから倒れた腹黒騎士様は立派でしたね。ちゃんと仕事をした!って感じです。

全滅後、感知範囲外で全員蘇生し、衰弱回復待ちをします。
この間に再度リレアイテムを使ったり、食事をしなおしたり。

オメガのHPが4割を切っていたので、再開後すぐにCCBポリマー剤を使って押し切ることにしました。
全員が衰弱状態から回復し、プロシェルを貰ったところで再開!
即座にナSaさんがポリマーを使います。

と、ここでネタの神様が降臨!
突然腹黒騎士様がJa暗黒を発動させて、そのままギロティンを。∑(゜△゜;)
当然タゲが張り付き、あっさり、という感じで再び倒れる腹黒騎士様。(ノ∀`)

ご本人は『わざとじゃないお!信じてくれ!』と仰っていました。
きっとそうなのでしょう。腹黒騎士様の意思じゃなくて、ネタの神様が腹黒騎士様にJa暗黒のマクロを押させたに違いありません。(笑)

でも、その暗黒ギロのおかげでかなりオメガのHPが削れたので、そのままの勢いでオメガを撃破することができました。ヽ(´―`)ノ
この時点で使ったCCBポリマー剤は2個。残り4個をアルテマ戦で使える計算になります。
アルテマ戦開始時点で残り時間は17分半ほど。十分な時間です。
とはいえ、士気を高めるためにも『15分で倒すわよ!』と発破をかけてみました。

アルテマ戦では腹黒騎士様が衰弱状態での開始とちょっとだけハンデがある状態でしたけど、時間的にも余裕はあるし、全滅でもしない限りは大丈夫かな、って思っていました。
相変わらずスパルタンブレットのスタン発動率は低くて、腹黒騎士様のスタン頼みな部分はありましたけど、それでも2hアビが使えるということが気持ちに余裕を持たせてくれます。
a0016413_21574529.jpg

腹黒騎士様が衰弱から回復し、本格的に参戦した時点でアルテマのHPは7割程度。
CCBポリマー剤は手元に4個あるので、アルテマのHPが半分強の時点からCCBポリマー剤を投入することにしました。
CCBポリマー剤を投入してからは怒涛の追い込みです!
私もスラッグ>イカロスウィング>スラッグとWSを連発。
腹黒騎士様はギロを撃ったあと、短剣ブラポンしているうちになぜかまたしても倒されていました。(笑)

この時点でアルテマのHPはもうほとんど残っていません。
いまこそイーグルアイ!と思ってコマンドを開いたその瞬間…。





ナSaさんのWSでアルテマが沈んでいました。(ノ∀`)


最後のオイシイところを取り逃してしまいましたけど、なんとか3連戦に勝利!です!
クリアタイム37分3秒。私の予想を5分以上も上回る、かなりいいタイムでクリアできたと思います。

正直初参戦のお二方の実力を見誤っていました。
腹黒騎士様もKoさんも、冷静に(一部ネタありでしたけど(笑))しっかりと自分の役割をこなしていらっしゃいました。
その動きは私の予想をはるかに上回り、初挑戦とは思えないほどのスキルの高さでした。
さすがお二方。2回全滅なんて失礼な予想をしてすみませんでした。m(__)m
改めてお二方には脱帽です。

私達の初挑戦のときには、4回も5回も全滅、撤退をして、最後には時間ギリギリで勝ったわけですし、それに比較したら経験者が大半とはいえ、今回のBF戦は驚くほどスムーズに勝てたと思います。

最後に。今回クリアした腹黒騎士様&Koさん、本当におめでとうです。ヽ(´―`)ノ
私もお役に立てて嬉しいです。(^^





ちなみに個人的な感想ですけど、よくプロMはジョブ縛りきついとか、○○はダメとかありますけど、それは『楽に勝つには』という前置き付きの話だと思います。
今回の『畏れよ、我を』では暗黒騎士というジョブはとても強い戦力だったと思います。

私のスラッグが470ダメージくらいで、腹黒騎士様のギロが360ダメージくらい。
ダメージだけ見比べれば確かに違いますけど、スラッグはTPを120~130貯めなければまともに当たらない。それに対してギロはTP100で即撃ちできて(全段ヒットとは行かないまでも)確実に当たるわけです。
WSの回数や命中率を考慮すれば、暗黒騎士は狩人に匹敵するアタッカーであるとも言えるのではないでしょうか。

狩人が重宝される理由の中には、スパルタンブレットのスタン効果もありますけど、スパルタンブレットで与えられるダメージは微々たるものでしかありませんし、必ずスタン効果が発動するわけでもありません。
それに対して、魔法のスタンでほぼ確実にスタン効果を期待できるのは(リキャスト時間という縛りはあるものの)かなり有効だったと思います。

暗黒騎士Lv1の私が言うのもおかしな話ですけど、プロMを進める上で暗黒騎士だからダメということはありえないと思います。
実際に『畏れよ、我を』のクリアタイムを比較しても、今回の構成と忍ナモ狩赤白の時と忍ナ狩狩赤白のときと、大きな違いはありませんでした。

あくまでも私の経験上の話でしかありませんけど、世間で言われているほどプロMはジョブ縛りきついとか無いですね。
要は構成にあった戦法を採ることができるか、個々が最大限そのジョブのパフォーマンスを引き出すことができるか、そういった総合力が試されているんだと思います。

先行している私達も何箇所かでかなり足止めされました。
なかなか攻略できずに挫折しそうになったことも一度や二度ではありません。
それでも、各人のジョブのできることを徹底的に考えて、そのジョブでできる最大限のことをしてきたからクリアしてこれたのだと思います。

そういう意味では、今回の『畏れよ、我を』では全員が最大限のパフォーマンスを発揮できたのではないかと思います。
その結果がクリアタイムにはっきりと出ていますし。


何はともあれ、勝てて本当に良かったです。(^^
[PR]
by faylin | 2006-10-17 21:55 | 日記
<< アル・タユに立つ腹黒騎士 モルダバイトピアス >>